ジョニーによる、全国のセラピストに幸運を呼ぶblogです。


by u-bal
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ:ぶさいくサーファー( 22 )

さ、寒いけど・・・

a0099804_7193940.jpgいよいよ寒くなってきた・・

もうすぐ34才になるのを尻目に、真冬でも海に行き続ける。。

健康法か?

修行か?

それともギャグか?(笑)

今年の冬も乗り切るぞ!

そして来夏はパラダイスじゃ~。

・・ってなわけで冬の海は大量の強者(?)であふれてます。

今年も残りわずか!

がんばりましょう☆
[PR]
by u-bal | 2008-12-16 07:41 | ぶさいくサーファー

衣替え(波乗り版)☆

a0099804_0562684.jpgホントに温暖化起きてるのかな・・と思ってしまうほど、今年の海は寒くなってきています。そこで、仲間が冬用ウエットを新調すると言うので、行きつけのサーフショップへ。
ここは江戸川区の『K-SURF』
小さいながらも、周囲のサーファーには結構人気のショップ。
店長こと『Mr.K』もコテコテの下町のノリでとても面白い!

良く『サーフィンってカッコいいねぇ』と言われます。
たまに『変にかっこつけてるよねぇ』とまで言われたりします。
しかし!いつも言うことだが、サーフィンは
決してカッコいいスポーツではない。

どんな時がかっこ悪いかって?たとえば・・・・





a0099804_0565513.jpgウエットスーツをオーダーする際、寸法を測る時(爆笑~)

これほど恥ずかしいこともないだろ。
お店の外から丸見え状態でパンツ一丁。
いや~サーフィンも大変だ(笑)

他人だから笑えるのかな~。
私は来年春用の時にでも買おうかな。



・・・誰も覗きに来ちゃダメよ(笑)





お大事にぃ!!
[PR]
by u-bal | 2008-11-04 01:15 | ぶさいくサーファー

balibali③

a0099804_2235199.jpg
ついにラストですぞ~
バリの市街地にはサーフショップが軒並みならんでいます。
相棒のMeguroがボードを買いに。
Masaoが値切り交渉までしてくれます。
日本と比べて断然安い。
a0099804_2271084.jpg
いいのがありました~。
「JS」約8万円!
ちなみに日本で買うと15万円くらいです。
これで上達するか!?
a0099804_229427.jpg涼しい顔をしてるけど、この時は5時間ほど海に入りっぱなしで足元ガクガク(笑)
しかも海流がすごくて、ほとんどの時間はパドリングです。
がしかし、この時人生最高の綺麗な虹に遭遇できました。超激しいスコールの後、それは突然現われました。
思わずサーファー全員で拍手喝采!
知らない人とのハイタッチも(笑)
こう言う時に言葉はいらないですね。
a0099804_22153196.jpg
帰って体力回復・・・
夕方からはバリで最も波が高いといわれる「ウルワツ」に向かいます。
もちろん、見物です(笑)
a0099804_22202341.jpg
そこはバリ島最南端、山道を抜けるとなぜかサーフショップが立ち並び、見物用の小屋が並んでいます。
崖の上からながめる波は鳥肌が立つくらい巨大で力強い。
ベトナムの森田さんですら、もう二度と入りたくないと言わせたこの場所は、まさにトップレベルのサーファーしか入れません。
a0099804_2226513.jpg
この日も何人か入ってました。
波が強いので、一度乗ると数百メートル乗れています。
日本では考えられません。
a0099804_22283735.jpg
何かあってもいいように、沖には常時救助ボートが待機。
a0099804_2229385.jpg
オーストラリア人の二人も海の手前まで行って結局引き返してました。
間近で見るとものすごく怖いのでしょうね。
a0099804_22312535.jpg
手前はこんなに奇麗でおだやかなのに・・・
a0099804_22322067.jpg

さ、野生のサルに気をつけながら帰ろう・・・。
しかし、せっかくここまで来たからには波に乗らないともったいない!
そして乗りました!!!
a0099804_22353393.jpg

ウルワツの波に~~

(笑)
a0099804_22375140.jpg

腹ごしらえに頼んだカレー。
ラ、ライスが尖っているぞ(笑)
a0099804_2239997.jpg
こんな感じでバリの旅は終了。
現地の人とも交流がありとても楽しい旅となりました。
海→めし→海→昼寝→酒→寝・・・
結局こんなサイクル。
仕事がどこにもない。。。
贅沢だな。
旅行は行けるだけで幸せです。
a0099804_2242236.jpg

最後は私のフラワーバス姿を大サービス!?











お大事にぃ!!
[PR]
by u-bal | 2008-09-29 22:54 | ぶさいくサーファー

balibali②

a0099804_20125550.jpg

バリと言えばやっぱりナシゴレンですな。
ここもうまかったけど、一番うまかったのは地元民向けの屋台。
120円で食べられて、とっても美味♪

日本では味わえないですね(^.^)
a0099804_20172690.jpg


食っちゃ寝る。
こんなゆったりした生活ができるのはどれくらいぶりだろう・・・。
風も気持ち良かったです。
a0099804_2020155.jpg

寝てばっかりいられない!
町を歩くとおしゃれなお土産さんが立ち並んでいます。日本人と分かるとすごい勢いで呼び込みかけてきます。これはアジア圏どこへ行っても同じです。
a0099804_20224696.jpg



バリではドナルドもサーフィン(笑)
a0099804_20245619.jpg

さぁ、世界最高の夕日を見に行こう☆
向かったのは『タナロット寺院』
市内から車でおよそ2時間、海沿いのとても素敵な場所に向かいました。
a0099804_20284836.jpg
着きましたぁ~
ずごい人だ・・。
インドネシアの旅行先として有名なバリ。
日本で言うなら沖縄みたいなところで、インドネシア各地から観光客がやってきます。
夕日が楽しみだなぁ~
a0099804_20313786.jpg


しかしよく見ると波がすごい!
身長の3倍クラス、形も最高ぢゃねーか・・・
でも下は岩場だらけで、とてもじゃないけどサーフィンは無理とのこと。
そうだよね、誰も入ってないもん(^_^;)
a0099804_2047335.jpg

ぬお~巨大な蛇が出現!
どうやら見せ物のようだ。
え?
触れって?
a0099804_20492399.jpg

いってまえ~!
うおおおおお
意外に柔らかいぞぉぉ
a0099804_20552690.jpg

って子供たちも普通に触ってるって(笑)
a0099804_2059961.jpg

いい感じで日が落ちてきてるなー
a0099804_2103213.jpg
どっひゃ~
きれいだ~(^O^)/

ここは本当に感動的です。
機会があったらぜひ!おススメです。





続く!

お大事にぃ!!
[PR]
by u-bal | 2008-09-08 20:32 | ぶさいくサーファー

お待たせ!BaliBali①

a0099804_11254785.jpgいやぁ~やっとアップできることに(^^)
世間は夏休みのなか、私は7月に早々ととっていました。
目指すはバリ島!
サーファーにとってはまさに『聖地』ですな。

出発!
a0099804_11293320.jpg到着すると、現地でガイドしてくれるNyoman夫妻が迎えに来てくれました。
相変わらず日本語はペラペラ。ギャグも通じます(笑)
なぜか日本人はみんなMasako と Masayoと呼ぶ。

早速ご飯を食べに!シーフードがうまいのだ(^_^)
a0099804_11353572.jpg


こ、これは珍しい!
青いイセ海老(笑)

でもかなり美味でした。
a0099804_11373233.jpg
今回の旅も恒例の激安宿だ!
ここは一泊1000円。
でも、ミネラルウォーター・朝食・衛星放送付きなのだ。
こう言うのも海外の醍醐味だね。
a0099804_11412797.jpg
男の二人旅だが、決してダブルベッドではない(爆)

いつも突っ込まれるので、あしからず報告。
a0099804_11441377.jpg

さ、翌日からはMasaoとKadeに、その日の一番いいポイントに移動!
現地のことは地元の人に聞くのが一番なのだ。
a0099804_11471547.jpg

とにかく自然がきれいなところ。


緑の段々畑や・・・
a0099804_11483329.jpg

・・・牛(笑)

バリではあちこちで見かけます。
a0099804_11493685.jpg

そしてガタガタ道。

揺れる・・・
a0099804_11502667.jpg


揺れる!!
a0099804_11505975.jpg
そして抜けると、そこは一面の青い海。
まさにSurfer's Paradiseだ。
a0099804_11541539.jpg『いいボードだねぇ~』
そう言いながらどこが流れがはやくて危ないのか、どこから沖に出ればいいのか、きっちり教えてくれます。
きちんと我々のレベルに合わせて教えてくれるから、旅中は本当に助かった。
そして『ガイドがいるからいよいよサーフィンしている姿が写真に撮れるぞ!』
そう思ってデジカメの使い方をMasaoに教え・・・
a0099804_11595840.jpg
・・撮れた唯一の写真がこれ(゜_゜)

ズームの使い方が分からなかったとのこと。。。

どうやら俺たちは沖にいる?・・・らしい(笑)
a0099804_1223189.jpg仕方ないのでおいらが撮った写真を紹介しよう。

バリはとにかくみんな上手い!
世界中から一流のサーファーたちが集まるところ。
この旅も地元のプロやバカウマい子供たちと海に入ることができた。
a0099804_125285.jpgそしてなによりも大変なのが海流。
ず~~~~~~っとパドリングしてないと流されるのだ。
ぼーっとしてると、あっという間に沖に引っ張られる。
今回も救助されているサーファーも何人かいました。
本当に体力勝負。
けど、レベルが高い中でやると、刺激されてこっちも燃えます。



続く~!



お大事にぃ!
[PR]
by u-bal | 2008-08-21 11:38 | ぶさいくサーファー

ぶさいくサーファー

a0099804_13335416.jpgサーフィンはやってる時はそれなりにカッコイイ。
しかし何度も言うようだが、やる前後がこれほど滑稽なスポーツはないだろう(笑)
仲間の姿を見て、思わず笑いが出る。
自分のことを棚に上げといて。

だんだん暖かくなってきています。
やっと手袋が必要なくなり、来週あたりからはブーツも要らなくなりそうです。

気温・水温が上がっていくと同時に、サーフィン人口も増えてきます。
こんな時は本当にケガ・事故に気をつけなければなりません。
2メートル四方に2,3人なんて珍しくない。
そこをとがったボードで猛スピードで駆け抜けていく訳ですから、
ボード同士、ヒト同士、ボード対ヒト、いろんな衝突があり得ます。
(夏場は衝突してる人をよく見かけます)

サーフィンは野球やサッカーと違って、同じフィールドにプロやアマ、初心者が入り混じる珍しいスポーツです。
(他の種目ではプロと同席する機会なんてほとんどないでしょう)
気づいたらすぐそこに有名なプロが居たりする魅力はありますが、それだけにレベルの差から生じる事故も多いのです。
暗黙の了解、サーファー特有の動き、潮の流れ・・・言うまでもありませんが、初心者にとってはかなり危ないスポーツです。
それだけに上級者は初心者のフォローをきちんとしなければなりません。
がしかし、最近は初心者の横をギリギリ駆け抜けて怖がらせたり、中には怒鳴って文句を言ってる人もいます。『おい!邪魔なんだよ!』
私も初心者の頃にいわれました。隣に来て、『見てて危なっかしいんだよ。あっち行け。』

我々サーファーももう一度、ルールや思いやりを見直して海を楽しまなければなりません。
100人きちんとやってても、残念なことにたった一人がそう言う我儘な人がいるだけで、海の雰囲気はガラッと変わってしまうのです。

安全とマナー。
サーフィン本来の『良さ』を追求して、今後も海に向い続けたいと思います。


お大事にぃ!!
[PR]
by u-bal | 2008-04-13 14:07 | ぶさいくサーファー
a0099804_8582320.jpg気温1℃、午後からは雪の予報・・・
そうなれば午前中に行くべし行くべ~し!

今は一年中で最も海が冷たい時期。
普段のウェットスーツにラッシュガードを追加、帽子も装備。
これでけっこう防寒になる。
着替える時は同じだけど(笑)
よく言われることだけど、今年は去年に比べてやっぱり寒い。帽子を被っている人も倍に増えたし、雪なんてなかった。

でも波が悪かろうが、天気が悪かろうが、体調が悪かろうが海には行く。

なぜこんなにしてまで海に行くのだろう?

サーフィンが好きだから?

いや、それだけでは無理だ。

仲間との時間を楽しむ・・・確かに。

自分に酔っている・・・確かに(笑)

でも、一番の理由はおそらく『バランス』を保つため。

経営者になってから、仕事のことが頭を離れない。

資金繰り、売上、スタッフ、将来・・・気になってしょうがない。

休むのも不安になる。24時間アンテナが立ってる状態が続く。

それでも、『仕事人間』にはなりたくない。

人の見方・物の見方が狭まってしまう気がするからだ。

サーフィンを通して、仲間から仕事以外の価値観・考え方を取り入れる。

仕事じゃない時間を作ることによって、自分の仕事を客観視出来る。

そして、何よりもたくさん笑う!!

きっと、サーフィンを続けることは『バランス』を保つこと。

u-balとは uehara-balanceの略。

よし!何があっても自分を見失わない、バランスの取れた人間を目指すぞ!

午後からは仕事じゃ~

ファイト~!俺!

がんばれ~俺!



お大事にぃ!!
[PR]
by u-bal | 2008-02-10 09:30 | ぶさいくサーファー

ベトナムpart③

a0099804_13163734.jpgここからは一気に行きますよ~

現地に駐在で住んでいるAtsushi.Tと合流!
私の大学時代の友達です。
ベトナムに来てから約2年、ベトナム語もペラペラです。
すごい!
 a0099804_13195212.jpg


色々と連れて行ってもらいました。やっぱり現地のことを知っている人がいるといいよね。
写真は『揚げバナナ』2000ドン(約14円)
美味です♪
 a0099804_13242376.jpg


ダナン一と言われる海鮮料理屋『ミーハン』
ここは激ウマ。カニ、エビ、どれも最高です。
店員さんも気さくで面白い。
ベトナム人はすぐ仲良くなってくれます。


a0099804_13273690.jpg



あやしい路地を歩いて行くと・・・


a0099804_13282351.jpg



ここは地元で有名な屋台が!
いやぁ・・普通こわくて来れないよこんな奥・・


a0099804_13293478.jpg



『バインセオ』ベトナム風お好み焼きと牛肉をライスペーパーで包みます。
これがうまいのじゃ~!


a0099804_13305681.jpg



こんな感じ。
さんざん食べて一人25000ドン(約175円)
安いなぁ~と油断してたらまたトラブル!



a0099804_1334338.jpg帰りの国内線のリコンファームをすると、『Megさんはダナン入りしてますが、Ueharaさんは乗らなかったようですね~』・・・
ってコラ。俺はここにいるぞ!
『行きの便をキャンセルされますと帰りの便も自動的にキャンセルになります』
なんじゃそりゃ~、じゃ、取り直せ!
『満席で取れません』   
どうしよう~(;_;


a0099804_13401579.jpgここでもAtsushiの力を借りて、なんとかキャンセル待ちの最優先に入れてもらいました。
このあとず~っとハラハラしながらの旅行でしたが、結局なんとか帰れました。
もう、しっかりしてくれよ~
たまたまいらっしゃったAtsushiの友人のIさん(日本人)が鎖骨骨折をしていたので、軽く診断(笑)


a0099804_13474881.jpg


帰り際マッサージを受けて・・・


a0099804_13482973.jpg


またマンゴー~(笑笑)


a0099804_13492582.jpg

ベトナムではほとんどのサーファーが日本人です。
この日はたくさん集まってきました。
(現地の駐在の人達です)
僕も含めてみんな森田さんを慕って来ます。
でも、波がとても悪く残念。


a0099804_13521058.jpg


晴れてくれればな~


a0099804_13453959.jpg

ベトナムは昼休みが長いらしい。
海から上がってきたら部屋の掃除がされてなかったので催促すると、昼休みだったらしく軽く1時間は来ない。
ウエットのまま読書(笑)


a0099804_13542735.jpg

海の写真を撮る森田さん。
森田さんはベトナムの波を毎日HPで知らせてくれます。
森田さんのHP


a0099804_1356818.jpg

とにかくバイクが多い国です。
うまく運転するんですよね、これが。
そこらじゅうでクラクションが鳴り響きます。


a0099804_13573942.jpgまだまだたくさん紹介したいのですが、正月休みって感じでもないのでここらへんにしておきます。今回もたくさんの人のお世話になって、とっても楽しい旅になりました。
駐在の人はもちろんですが、それ以上に大変なのはついて行っている奥様方です。
異国の地で生活をすることは並の根性ではできません。
体に気をつけて、がんばってくださいね。
それではまた来年(笑)



お大事にぃ!
[PR]
by u-bal | 2008-01-26 14:03 | ぶさいくサーファー

さ・寒い(>_<)

a0099804_1453676.jpg

極寒の中、海に行っています!
と言っても、この日は到着時なんとマイナス2℃!
備え付けのシャワーも凍っててもちろん水が出ません。
ちなみに写真は水滴ではなく、氷です(驚)


a0099804_1482943.jpg


それでも海に入る!
2時間も入ってると、足の感覚も無くなってきます。
そして終わったら・・
お湯だ~

2008年度版ぶさいくサーファー(笑)
ちなみに2007年度版


お大事にぃ!
[PR]
by u-bal | 2008-01-23 01:54 | ぶさいくサーファー

vietnam②

a0099804_23131549.jpg続きです~041.gif

翌日海に入り、その後はホテル移動。
今回は海の真横。
1泊一人1700円くらい!
しかも朝食付きなので嬉しい。

a0099804_23172936.jpg


こんな感じ。でも、壁にたまにヤモリがひっついてます。
けっこうかわいかったりして(笑)
a0099804_23193988.jpg

湯舟はありません。
しかも、ベトナムのお湯はタンクに溜めて温めるので、長時間シャワー浴びてると、タンク内が無くなると即水に!
シャワーが個室みたいに仕切られている。が、下から漏れ出してきます(笑)

a0099804_23225431.jpg


でも、部屋のバルコニーから海が眺められる。
サーファーにとってはこの環境は最高!
次からもここにしよう・・。
a0099804_23273397.jpg

さ、街を散歩しよう・・。
この季節でも余裕で20℃超えるので比較的暖かい。
この日は短パンでもOK。
町には軒並み商店が並んでいます。
 a0099804_23411636.jpg


お!これわ・・
去年食べておいしさに感動した『バインミー』でわないか!
フランスパンに好きな具材を挟んでもらうのだ。
言葉も通じないから四苦八苦。
なにがどんな味するのやら・・。
でもうまい!
1本5000ドン(35円)
 a0099804_23384026.jpg


おや、鶏料理の屋台の仕込み風景に遭遇・・
片っぱしからさばいていくのは職人芸だね。
日本じゃありえない光景だけど(笑) 
 a0099804_23463062.jpg


その足で森田さんの家に。
そこで出てきたのが、『モンキーバナナ』と『マンゴー』!
これがめちゃめちゃウマイ!
バナナは実まで黄色いし、マンゴーはとろける様な口触り・・やっぱり南国は果物は最高ですね。
a0099804_23494644.jpg


1キロあたり15000ドン(約110円)!
これお土産にしたいな・・・
無理だけど(^_^;)
 a0099804_23513250.jpg


夜は街で一番人気のカフェ『Wonder』へ。
オーナーの奥さんが日本人と言うこともあり、外国人も来やすい。
お洒落で雰囲気もgood!









まだまだ続きま~す。
寒い日が続きますが、皆さん、体は壊さないように頑張りましょう!
お大事にぃ!
[PR]
by u-bal | 2008-01-18 23:54 | ぶさいくサーファー